一般診療・検診 / 乳がん検診・乳腺症 / 睡眠時無呼吸症候群
[TEL]   03-3500-1101
 

睡眠時無呼吸症候群の治療

CPAP

CPAP(シーパップ)療法

●気道を広げる
●空気が肺に自由に流れる

●CPAP(シーパップ)

鼻にマスクを着けて空気を送り込み、上気道の閉塞を防ぐ方法です。成人の閉塞性無呼吸の治療に最も効果的です。

●歯科装具(マウスピース)

下あごを前方に突き出させるように工夫したマウスピースを着けて寝ると気道が広がり、いびきや無呼吸が消失します。

●外科的手術

肥大した扁桃腺やアデノイドの削除手術。
通常の呼吸

CPAP(シーパップ)療法

●気道を広げる
●空気が肺に自由に流れる

チェックしましょう! 自己診断テスト

  • 昼間いつも眠い
  • いくら寝ても眠い
  • 朝の目覚めがすっきりしない
  • 朝起きると頭が痛い
  • 居眠りをよくする
  • 記憶力・集中力が落ちてきた
  • 夜間、何度か目を覚ます
  • 夜間、何回もトイレに行く
  • いびきがうるさいと言われる
  • 精神的に不安定になる

上記の質問に3つ以上当てはまった方は、睡眠時無呼吸症候群の疑いがあります。かかりつけ医にご相談の上、睡眠呼吸障害医療施設での確定診断を受けることをお薦めします。


睡眠障害の診断・治療には健康保険が適用されます。
ご自分の睡眠が少しでも気になる方は、お電話ください。

  • 忙しいCPAPユーザーの方のために、夜間の診療を行います。できる限り、お待たせすることなく診療をいたします。CPAP治療継続中の問題点、副作用等に迅速に対応いたします。
  • SASと高血圧等の生活習慣病を総合的に診療し、多くのCPAPユーザーの方に質の高い医療を提供します。
  • いびきや無呼吸に悩む方に、簡単な睡眠検査をいたします。
  • 虎の門病院との医療連携のもと、優先的に睡眠検査、治療導入が行えます。
  • SAS治療に関する最先端の医学的情報や治療器・マスク等に関する情報を提供いたします。
  • SASの普及、啓発を行うとともに、SAS診療による社会貢献をします。

よい睡眠とよい呼吸はあなたに健康な人生をもたらします。

●外来診療: 診療は予約制です。ご予約は予約ページから、または下記の電話番号までお問い合わせください。

担当医:

中澤英樹 院長

成井浩司 医師
(虎の門病院睡眠センター長)

他 医師

中澤プレスセンタークリニック

電話: 03-3500-1101